銀座並木通り歯科マウスピース矯正のインビザライン|銀座並木通り歯科

tel.03-6271-0648

マウスピース矯正

今ならカウンセリング料

1,5000円→無料

インビザラインのマウスピース矯正Mouthpiece

アライナー矯正(マウスピース矯正の流れ)One day Ceramic Step

  • 口腔内スキャナーで歯並びを撮影

    01カウンセリング
    今なら初回カウンセリング料
    15,000円が無料です

    矯正治療は、どんな歯並びにしたいか、今何が気になっているか心配なことは何かを歯科医師と十分に話合うコンサルテーションから始まります。カウンセリングの前に行われるのは口腔内スキャナーによる口腔内の撮影です。
    口腔内スキャナーは単なるカメラではなく、歯並びの三次元情報を得ることで、矯正治療で歯並びがどのようになるか、シミュレーションを行うことができます。カウンセリングの結果を元に、矯正治療の方向性が決められ、矯正治療を開始する場合は、より精密な検査へと移行します。

  • アライナー検査では矯正治療のより精密な検討が行われます。

    02アライナー矯正の検査と
    治療計画の作成

    インビザラインによるマウスピース矯正を行う方向性が決まると、口腔内の写真撮影、顔の撮影を行います。これは矯正治療後に顔貌がどのように変化するかを予測し、変化を確かめることができます。
    インビザラインGoの場合は、iTeroで取得されたデータを基にアライナー(マウスピース)が製作されますが、より歯の移動量の大きな通常のインビザラインではセファロという矯正治療専用のレントゲンで撮影を行い。矯正治療の計画と設計を行います。

  • アライナーの入ったパッケージ

    03矯正治療の開始

    矯正が開始されるとアライナー(マウスピース)が渡されます。アライナーは歯の移動に応じて少しづつ形が変わっていきます。アライナーは透明で薄いため、ほとんど目立たないだけでなく、痛みがあっても当初だけで、装着感は快適です。アライナーはパッケージに入れられ一度に4個づつ渡されます。これはインビザライン、インビザラインGoどちらも同じです。
    それぞれのアライナーは一週間に一度交換し、一月一度の通院で次のアライナーが渡されます。インビザラインGoではアライナーが最大20個、期間は3か月から9か月です。
    インビザラインの矯正治療期間は1年から3年程度で、アライナーの個数の制限はなく、目標とする歯並びに到達するために必要な個数が提供されます。
    通院時には矯正が計画通り行われているかチェックし、歯の移動をモニター画面を患者様と確認して、必要なら変更を行います。また、口腔内のクリーニングも行われます

  • 04治療ゴールの確認

    矯正治療が終了し、所定の目的が達成されたかを確認します。記録のための写真撮影を行い、矯正の戻りを防止するためのリテイナー(保定装置)作製のためのデータを口腔内スキャナーで採取します。

  • 05リテイナーによる保定

    矯正治療を行っても歯の周辺組織は歯を元の位置に戻そうとする力を歯に加えます。これを防ぐにはリテイナー(保定装置)装着することが必要です。リテイナーはアライナーと同様の透明なマウスピースです。リテイナーはアライナーのように長時間装着し続ける必要はありませんが、少なくとも矯正治療終了後しばらくは、できるだけ長時間付けて置くことが後戻りを防ぐために有効です。
    リテイナー装着後は定期的に歯科医院を訪れ、矯正の戻りや不具合がないかをチェックすることが必要です。

マウスピース矯正についてMouthpiece

矯正治療は2年、3年と長い期間をかけて少しづつ歯を動かし、歯並びを整える治療です。歯は土台の骨にしっかりと埋め込まれていて、簡単に動きません。しかし、一定の力をかけて押し続けると、押されている側の骨が吸収され、逆に反対側の骨が生成されます。

矯正治療はこの生理現象を利用して、骨の中をゆっくりと歯を望みの方向に移動させます。骨の吸収と生成は、骨折が治療できると同様に年齢に関係なく行われるように、矯正治療も年齢にかかわらず可能です。

矯正というとワイヤーを歯に取り付けてするものと思われてきましたが、今マウスピース矯正が注目を浴びています。マススピース矯正はワイヤー矯正と違って「目立ちにくい」という利点があり、昔から使用されていましたが、それほど普及はしていませんでした。それが、最近ブームとも言われるほど普及し始めたなのはなぜなのでしょうか。

ワイヤー矯正は歯を動かすために、毎月来院し、ワイヤーを少しづつ歯を動かす方向に曲げていきます。これは時間と高度な技術を必要とする作業になります。マウスピース矯正ではワイヤーの代わりにマウスピースを製作しますが、そのためにマウスピースの型取りをし、来院ごとにマウスピースを製作するという手間がかかるため、ワイヤー矯正以上に手間と時間がかかっていました。

ところが、当院で取り扱っているアラインテクノロジー社のインビザラインは型取りではなく、口腔内スキャナーで測定した、歯並びに合わせて、矯正用のマウスピースをコンピューターがデザインをします。マスピースの製作はコンピューターのデーターにより製作され、通院時はその装着と矯正の進行状況のチェックで済みます。

薄くて透明なマウスピースは、目立たないだけではなく、ワイヤーブラケットのような異物感が非常に少なく装着感は快適です。矯正中であることさえ気付かれることはほとんどありません。

治療に伴う痛みも、ワイヤー矯正より軽い傾向にあります。装置が滑らかな形状なので、口腔粘膜への直接的な刺激が少なくなるからです。また、マウスピース矯正は比較的弱い力を働かせることから、歯も緩やかに移動します。その結果、歯の移動時に生じる痛みも軽減されるのです。

矯正用のワイヤーを装着した歯とマウスピース

また、マウスピースは食事と歯磨きの際には取り外すことができるので、治療前と同じように食事を楽しむことができます。歯磨きもしやすく、虫歯や歯周病のリスクが上がることもありません。さらに、マウスピースは2週間ごとに交換することから、装置に細菌が繁殖するおそれも少なく、衛生的といえます。

それだけではありません。マウスピースは医療用プラスチックから構成されており、金属アレルギーのリスクを避けることができます。装置が故障したり、外れたりするトラブルも極めて少なくなっています。

マウスピースを破損してしまった場合でも、コンピューター上にデータが残っていますので、速やかに複製することが可能です。治療計画はそのデータを元に立案されており、開始から終了までの工程も画像であらかじめ確認することができます。
マウスピース矯正を成功させるには、1日20時間以上の装着が求められます。また、歯並びによっては、ワイヤー矯正が必要な場合もあります。しかし、マウスピース矯正が適用できる時にはマウスピース矯正のワイヤー矯正に対する優位は大きなものがあります。

インビザラインについてInvisaline

インビザラインはマウスピースの世界的なトップメーカーのアラインテクノロジー社のマウスピース矯正の製品名です。アライナーと呼ばれる、矯正用のマウスピースは、コンピュータによりデザインされます。

長い期間をかけて矯正治療をしても自分の思い描く理想の歯並びと違っていては不満が募ります。矯正医は噛み合わせや無理なく歯が収まるように考えて治療を行っても納得できないかもしれません。

インビザラインは矯正治療がどのような歯並びを作るかをコンピューターが予測して、画面に映し出してくれます。iTeroシステムは口腔内スキャナー(口の中で歯を立体的に撮影するカメラ)で撮った画像を取り込んで、そのデータをもとにどのように歯が動いて目標の歯並びになるかを教えてくれます。

iTeroに映し出された画面を患者様は矯正治療の前に確認できるので、「ここはこうしたい」と注文も付けることができますし、歯科医師はその希望が噛み合わせなどの問題を引き起こす可能性があることを事前に伝えることもできます。つまり、iTeroによって双方が共通の理解と目標を持つことができます。

矯正は長い期間がかかるため、コンピューターで予測した通りに歯が動かないこともあります。そのような場合は再度口腔内を撮影してiTeroで新しい治療の方向を決めます。この時は治療開始と同様に新しい目標を画像で確認します。

インビザラインは単にマウスピースで矯正を行うだけでなく、矯正治療の結果を予め確認することで高い満足を提供することができます。

iTeroで歯並びはコンピューターでモデル化される

もっと早く、もっと手軽にマウスピース矯正が行う。インビザラインGo

矯正治療が2年以上になる長い治療なのはインビザラインも変わりませんが、インビザラインを開発したアラインテクノロジー社は、一定の条件の下で3カ月から6か月で治療を終了させるインビザライン Goシステムを提供しています。インビザラインGoも基本はiTeroで口腔内スキャナーのデーターを取り入れて矯正用のマウスピースを設計する点で変わりはありません。

インビザラインGoは短期間で矯正を行うことができますがiTeroにより結果を予め確認できるので、やはりより本格的なインビザラインを選択することもあり得ます。いずれにせよ、長い期間を必要とする矯正治療の結果を事前に見ることのできる価値はとても大きいということができます。

マウスピース矯正のQ/AQ&A

一般の矯正がブラケットと呼ばれる金属製のワイヤーの装置を取り付けて歯を移動するのに対し、透明で非常に薄いマウスピースを装着し、マウスピースを定期的に交換しながら歯を移動させるものです。そのため見た目もほとんど違和感なく、食事や歯磨きのときに取り外しできるため衛生的で、虫歯のリスクも小さくなります。また、ワイヤーと違い透明なマウスピースは目立たず矯正治療を行っていることが他人にはほとんどわからないという利点があります。

インビザライン(Invisaline)はマウスピース矯正のパイオニアとして知られているアラインテクノロジー社の商品名です。 インビザラインはiTeroと呼ばれる、口腔内スキャナーで口腔内のデータを取得し、それに基づいてマウスピースを設計します。このため、矯正治療を行うために定期的なマウスピースの交換を行うために、印象を取ってマススピースを製作する必要なく、定期的な矯正治療の治療時間がずっと短くてすむ利点があります。また、iTeroはモニター上に矯正後の結果をシミュレーションで表示することができるため、矯正後のイメージを事前に視覚的に確認することが可能です。

マウスピース矯正もワイヤー矯正と治療期間は大差がなく、2年から3年程度となりますが、インビザラインGOは3か月から6か月でマウスピース矯正を行うことができます。

マウスピース矯正が適用範囲はワイヤー矯正とほとんど変わりません。ただ、症例によりワイヤー矯正をお勧めする場合もあります。また、その逆にマウスピース矯正の方がより適した症例もあります。

矯正治療は歯を移動させることで歯並びを整えます。この時、歯の移動するスペースが十分ないと抜歯(便宜抜歯と言います)が必要になります。これはマスピース矯正でも同じです。

マウスピースは歯の移動に合わせて1,2週間に一回程度交換していきます。

歯科医院にはマウスピース3回の交換で一度、だいたい一ヶ月ごとの来院をお願いしています。

IGOは現在はインビザラインGOシステムと呼ばれています。インビザラインが広く一般の矯正治療を行えるのに対し、奥歯2本(上下左右で合わせて8本)を除いた矯正を行うことができます。また、歯並びによっては通常のインビザラインでなくては対応できない場合もありますが、3か月から半年から程度の短期間で矯正を行うことができます。また、費用も一般用のインビザラインの半額程度で済みます。インビザラインGOシステムは、全世界で600万例以上におよぶインビザラインで蓄積されたデーターをもとにのコンピューターにより矯正の進捗をシミュレーションすることで、より手軽なマウスピース矯正を実現しています。

インビザラインGOは奥歯2本を移動させることは行いません。また、便宜抜歯(べんぎばっし)を必要とするような、歯の移動量が大きい矯正治療にも適用できません。しかし、歯の移動量が抜歯を必要とするほでなければ、ディスキングといって、歯と歯の間を1mm以下の範囲で削ることで対応することも可能です。

マウスピース矯正は通常はワイヤー型ブラケットと比べ痛みも小さく、装着感も違和感が少ないというメリットがあります。ただ、当初慣れないうちは多少の痛みを感じる場合もあります。

マウスピース矯正もワイヤー矯正も、矯正終了後そのままにしておくと、後戻りを起こすことが一般的です。このため、後戻り防止用にリテーナーという保定装置を睡眠時に装着します。インビザラインは後戻りが生じた場合も、データとして蓄積しているマウスピースを再装着することで回復することが可能です。

一度矯正治療できれいな歯並びになってもリテイナーをしっかりと装着しないと矯正の後戻りをすると、リテイナーで回復させることはできず、再び矯正を行う必要があります。後戻りで再矯正を行う時、マウスピース矯正が非常に有効です。後戻り矯正では、インビザラインGOの適用できることが多く、その場合はより短期間で後戻りを回復できます。

矯正治療に伴うリスクについてrisk

矯正治療では、矯正器具であるマウスピースあるいはブラケットを歯列の状態、生活環境を考慮して選択します。また、マウスピース矯正では口腔内スキャナーにより得られた情報を元にして、矯正後の歯列予測をシミュレーションにより提示します。

歯列矯正は歯に一定の力を加えることで骨の吸収と生成により歯の位置を移動されることで行われますが、移動量、方向が予測と異なる可能性は存在します。また、治療期間が歯の移動速度により予測より遅くなる場合もあります。

マウスピース矯正は食事など一時的な場合を除き、装着を続けることが矯正効果を得るためには必要です。ブランケット矯正は取り外すことが歯科医院以外ではできないため、歯周病や虫歯のリスクを避けるために、口腔内ケアに特に注意が必要でとなります。

また、矯正治療終了後、保定装置により歯の戻りを防止する必要があります。保定装置が正しく、保定機能を果たしているかどうかを、矯正治療終了後も定期的に検査を行うことが求められます。