銀座並木通り歯科インビザライン|銀座並木通り歯科

tel.03-6271-0648

インプラント

インプラント治療の流れflow

インプラント治療は、「歯が入って噛めるようになったら治療終了」と普通は考えます。しかし、私たちはそこからが始まりだと考えております。それは歯を入れることが私たちのゴールではなく、どれだけ長く持つかが私たちのインプラント治療のゴールなのです。基本に忠実で丁寧に治療を行い、長期的に機能させ、患者様がどれだけ長くインプラントで楽しい生活を送れるかがポイントだと思っております。

  • 01インプラントコンサルテーション

    インプラント治療の流れや料金、他の欠損補綴との違いについて詳しくご説明します。患者様の不安を取り除きご納得頂いた上で、治療に進みます。

  • 02検査・説明

    インプラントの上部構造【セラミック】がセットされた後の治療後予測模型を作製し、3次元的な骨の状況を確認するためにCT写真を撮影します。これによりデジタルで適切なインプラント埋入位置を、シミュレーションします。

  • 03インプラント+静脈内鎮静
    (バイタルチェック)

    恐怖心が強かったり、循環器にご心配のある患者様、または手術時間が長い場合は、麻酔医による点滴で眠った状態で快適に手術が可能です。

  • 04手術・ガイドオペ

    コンピューターによるCシミュレーション通りに、手術補助器具を用いて、安全に確実に手術を行います。1本であれば、手術時間は30分ほどです。

  • 05術後説明・レントゲンのチェック

    術後、適切な位置にインプラントが入ったことをレントゲンで確認し、術後の注意点などをご説明します。

  • 06セラミックの型取り

    2ヶ月から4ヶ月ほど待ち、インプラント体と骨が馴染んでからセラミックの型取りを行います。

  • 07セラミックの装着

    色調や形をご相談頂き、オーダーメイドで作製されたセラミックをお口の中にセットしていきます。

  • 08メンテナンス

    年に1回から3回ほどのメンテナンスにより、アフターケアを行なっていきます。

インプラント治療のよくある質問faq

インプラントは歯を失った時、歯の根の代わりにチタン製のネジを土台となる骨(歯槽骨)に埋入して、それに人工歯を装着しすることで失った歯の代わりを行う治療法です。インプラントネジはしっかりと骨に固着しているので、天然歯とほぼ同等の咀嚼力を提供します。

チタンネジは埋入された骨とオッセオインテグレーションといって分子レベルで結合されています。オッセオインテグレーションが確立されるには数ヶ月かかります。

チタンは生体との親和性が非常に高い金属で、インプラント以外にも骨折の治療などで体に埋め込むためにも使用されています。しかし、まれに金属アレルギーを起こすケースはあります。チタンに対する金属アレルギーの懸念がある場合は、皮膚科などでアレルギーに対するパッチテストを行なう必要があります。

インプラント手術は一定のリスクがあるのは事実です。そのために多くのインプラント手術の経験を積んだ歯科医、あるいはその歯科医の監督のもとで手術が実施されることが安全につながります。インプラント手術はチタンネジを失った歯の根の代わりに歯茎に埋入しますが、歯茎の中は多数の血管や神経があり、それらを傷つけないことが危険を避けるためには必要です。
このため、インプラントは術前にCTを取り血管などに傷をつけないように、慎重に埋入方法を決定します。また、正確な埋入を行うために、必要に応じて埋入方向をあらかじめコンピューターシミュレーションを行った通りに行う、ガイドオペと呼ばれる方法を用いることもあります。この他、糖尿病など生活習慣病がある場合は、出血が止まりにくいことなどもあるため、術前に血液検査を行って手術を行う上で内科的な問題がないかのチェックも行います。

世界で最初のインプラントは1960年代に実施されましたが、その患者は40年以上天寿を全うするまでインプラントを使用し続けました。インプラントは適切なメンテナンスをしっかり行えば、永く咀嚼力を保ちけることができます。しかし、インプラントは人工歯なので虫歯にはなりませんが、インプラントの歯周病であるインプラント周囲炎にはなります。また、インプラント周囲炎は歯周病と比べ進行が速いためメンテナンスが一層重要となります。

通常のインプラント手術は当日帰宅できます。入院が必要となるのは、大掛かりで特別なケースとお考えください。

インプラントの費用はインプラントの本数、取付ける人工の歯の種類により異なりますが、基本情報は料金表をご参照ください。

一般的には虫歯や歯周病がある場合は、そちらの治療をしてからインプラント治療に入ることが多くなります。いずれにせよ、治療の順番は口腔内全体を考えて作成される治療計画に従って行われます。

インプラントを使用していても、MRIの撮影に支障はありません。
金属がもたらすMRIへの影響は、大きく3つに分けられます。まず、「画質への影響」です。MRIの撮影時に金属の影響で「アーチファクト」と呼ばれる画像のゆがみを生じさせることがあります。次に、身につけている金属が発熱して火傷を危険があります。三番目として装置自体を損傷する危険もあります。このため、心臓のペースメーカーや人工内耳など、体内に金属が埋め込まれている場合は、検査そのものを受けられないケースがあります。
しかし、これらの現象は金属が磁気を帯びる場合です。具体的には鉄、ニッケル、コバルトなどの金属で、チタンは金属の一種ですが、磁気を帯びないため、それには該当しません。したがって、インプラントを装着しているのでMRI検査が受けられなくなるという心配をする必要はありません。
ただし、一つだけ注意点があります。それは、インプラントを土台にして義歯を固定するために磁性アタッチメントを装着した場合です。このアタッチメントには「磁性ステンレス」が使われていることから、磁気による悪影響が検査時に生じる可能性があるので、検査前に必ず外す必要があります。しかし、磁性アタッチメント式のインプラントであっても、取り外せば安全にMRI検査を受けることができます。

インプラント手術は経験を積んだ歯科医自身および指導・監督の下で行なうべきですが、そのためにはインプラント専門の歯科医院である必要は必ずしもありません。むしろ、インプラントは歯を失った時に咀嚼力を回復させる治療法の一つなので、インプラント以外の選択肢も検討するという意味で各種治療に対応できる総合歯科クリニックが望ましい場合も多くあります。患者様のお口の中をトータルで考え、最初にインプラントありきの治療計画を立てないことが大切です。

治療方針を他院で聞くことをセカンドオピニオンと言いますが、当院ではセカンドオピニオンには積極的に対応しております。当院では様々な専門分野に対応した治療を行っているため、インプラントという選択肢だけでなく、それ以外の治療法も含めてご相談をさせていただいております。

インプラント周囲炎とはインプラントが罹る歯周病ですが、厳密にいうと、これらの病気は「歯周病」とは少し異なります。また、通常の歯周病と比べ、進行しやすい傾向にあります。
天然歯とインプラントを比較すると、それはインプラントには天然歯にある歯根膜という歯と歯の土台の骨のクッション役をする組織がないからです。
歯根膜は、歯と歯槽骨(歯の土台の骨)との間に存在する組織で、歯にかかる力を緩和するだけではなく、歯肉や歯槽骨へと血液供給も担っています。
そのため、インプラントでは、歯周組織の免疫力が低下することで、歯周病菌に感染することで発症する歯周病(インプラント周囲炎)発症リスクが高くなります。インプラント周囲病変は通常の歯周病よりも進行が速いことがわかっています。このためインプラントは天然歯以上に適切なケアの継続が必須となります。

ンプラントは顎の骨に支えてもらうことで機能するため、十分な骨量がない場合インプラントを行えないことがあります。しかし、骨が十分になくても骨を増加させてインプラントを行う方法として骨造成があります。骨造成には骨を移植するものと骨の再生を促すものがありますが、どちらも骨の活発な新陳代謝により安定的なインプラントネジを埋め入れる土台の骨を造成します。骨造成はGBR(骨再生誘導法)が一般的ですが、骨材には種々のものが開発されていており成功率も年々高くなってきています。どの骨材もそのまま骨になるのではなく、骨細胞が成長して土台としての骨を形成するための核になります。

骨移植は自分の顎などから採取した骨を移植する自家骨移植と人工骨を用いるものがあります。自家骨移植は、骨の除去手術が必要となります。骨移植の応用例では上顎のインプラントで上顎洞(上顎の上部の空洞部分)の骨の厚みがない時のサイナスリフト(上顎洞底挙上法)があります。
近年GBRの成功率を高めるために、自分の血液から血小板を抽出して骨形成を促進するCGF・AFG療法が行われるようになりました。CGF・AFG療法は再生医療の応用です。インプラントは骨造成、骨移植さらに骨形成を助ける治療技術が開発されています。新しい技術がインプラントの適用症例をますます広げています。

インプラントで埋入したチタンネジは土台となる骨と、オッセオインテグレーションという分子レベルで固く結合させる必要があります。しかし、オッセオインテグレーションを得るためには2−3ヶ月の期間がかかります。さらに、インプラントを前提にして抜歯を行った時に、チタンネジを埋め込むのは2ヶ月程度は待つべきだというのが従来の考え方でした。インプラント治療の難点の一つは治療期間の長さがあります。
即時埋入(即日インプラントとも言います)とは何らかの理由で抜歯を行った時に、すぐにチタンネジを埋入する治療法です。抜歯とインプラント埋入の期間がなくなるので治療期間は短縮されますし、治療回数も減ることになります。その上、抜歯後に起こる骨吸収を避けることができるために、インプラント埋入でしばしば必要となるGBR(骨造成の)の必要性も小さくなります。
良いことづくめのようですが、即時埋入がいつでも可能というわけではありません。まず、インプラントの埋入が抜歯後すぐに行われるため、抜歯した部分の外科的な回復を考慮に入れたインプラント体(チタンネジ)の埋入が必要です。さらに感染症のリスクコントロール、抜歯した部位の処置もより慎重に行う必要があります。これらを行うためには抜歯箇所が即時埋入に適応していることと高度な治療技術が要求されます。
即時埋入と似た言葉に即時荷重があります。即時荷重とはインプラント体を装着してすぐに当日から仮歯で咀嚼できるようにする治療法です。即時荷重でない場合はインプラント体埋入後カ月を置いて上部構造(人工歯)を取り付けて咀嚼が可能になります。
即時荷重も即時埋入と同様に咀嚼の負荷を早くかけることにで回復期間を短縮させる効果を得ることができます。しかし、即時荷重も即時埋入と同じようにいくつかの条件を満たす必要があります。
まず重要なのは口腔内ケアがよく行われていることです。さらにインプラント体を埋め込む顎骨の密度が高くなくてはいけません。また、治療技術も即時埋入がそうであったように高いレベルが要求されます。
即時埋入も即時荷重も実際的なインプラント施術のオプションとなったのは比較的最近です。数多くの成功例がすでに報告されていますが、インプラント全体に占める施術割合は高くはありません。また、繰り返しになりますが治療技術の高さ、適用条件は一般のインプラントより厳しくなります。しかし、治療期間の長さはインプラントの弱点の一つです。日々進歩するインプラント治療の中で、即時埋入、即時荷重の比率は今後増加していくと予想されます。

事前検査の結果によっては、稀に治療に不適応な方もいらっしゃいます。具体的には下記のような方です。
①成長過程にある若年者の方
※骨の成長がほぼ終了する20歳以上の方がインプラントの治療対象となります。
②免疫不全の方
③1型糖尿病の方
④常的ホルモン治療・放射線治療を受けている方
⑤精神神経症の方
⑥重篤な全身疾患、コントロールされていない全身疾患の方
また、インプラント治療不適応ですが、生活習慣の改善や、治療による症状改善により、インプラント治療が可能となる場合があります。具体的には下記の方になります。
①お口の中の清掃状態が悪い方
②歯周病の方
③インプラントを埋め込む骨の厚さが少ない方
④喫煙者
⑤骨粗鬆症の方
⑥2型糖尿病の方
⑦精神神経症の方

インプラントは100社以上のメーカーがありますが、治療器具やチタンネジなど互換性がありません。当院はノーベルバイオケアという高品質で定評のある世界的なメーカーのインプラント製品を使用していますが、それ以外のメーカーのものの除去はできないとお考えください。
インプラント除去がすでに行われていれば、再びインプラント治療を行うことができる可能性があります。この場合は骨造成を行う必要があることもあります。

インプラントは抜歯で歯を失った時に、人工の歯のを埋め込む治療です。歯は歯根といって根の部分が歯槽骨と呼ばれる土台の骨に埋まって歯を支えています。インプラントは人工の歯根をインプラント体あるいはフィクスチャーと呼ばれるもので代用します。インプラント体は種々の材質がありますが、現在はチタンおよびチタン合金が主流です。
インプラント体と人工歯をつなぐ支台部はアバットメントと呼ばれます。アバットメントも多くはチタンですがジルコニアという人工ダイヤモンドの材料にもなる非常に硬い材質のものも使われます。ジルコニアアバットメントは金属色ではなく白いので、歯茎が下がってアバットメントが露出しても目立ちにくいという利点があります。
アバットメントはインプラント体と一体型のものもありますが、通常は2つの部分に分かれます。このため、インプラント体を埋入た時、アバットメントを最初から装着する1回法と、インプラント体の上に軟組織ができてからアバットメントを入れる2回法の二つの方式があります。
1回法、2回法と混同されることがあるのですが、抜歯後すぐにインプラント体を埋入する即時埋入という術式もあります。1回法や即時埋入はどちらも、手術の回数を減らすという点では患者負担は小さいのですが、適応症はより小さくなります。
人工歯の部分は一般の天然歯の上に被せる被せ物(クラウン)と基本的に同様にセラミックを主として用います。ただ、一般のセラミッククラウンが型取りをしたものに合わせて作られるのに対し、アバットメントに装着されるインプラントの部品の一つとなります。

A:すべての歯を失った場合には「総入れ歯」を製作するのが一般的ですが、インプラントを基本にした「All-on-4(オールオンフォー)」という治療法にも選択肢として挙げられます。
オールオンフォーとは、4つのインプラントですべての人工歯を支える補綴治療です(上下合わせると8本になります)。上部構造をインプラントに固定するため、ずれたり外れたりするなどのトラブルが起こりにくくなります。人工歯根が存在することで噛み心地も向上し、食事も天然歯とほとんどかわりなく楽しめます。
ただ、「インプラントオペ」、それも全身麻酔を必要とするかなり大掛かりな手術が必要となります。そのため「手術が怖い」「重篤な全身疾患がある」という方には、時として適用が難しいこともあります。
オールオンフォーが優れた解決策になるのは、すべての歯を失ってインプラント治療を検討するような場合です。歯が1本もない「無歯顎(むしがく)」のケースでインプラント治療を実施するとなると、片顎だけでも約10本のインプラントを埋入しなければなりません。一方、オールオンフォーであれば4本のインプラント埋入で済むことから、経済的にもむしろ有利ですし、身体的な負担も小さくなります。
しかも、オールオンフォーではインプラントを「傾斜埋入(けいしゃまいにゅう)」できるため、大切な神経や血管を損傷するリスクが小さくなくなります。さらに、インプラント体を顎骨に深く埋入されるため、骨量が不足していても「骨造成」なしでインプラントを埋入できるというメリットもあります。
オールオンフォーには多くのメリットを持つ治療法ですが、すべての方に勧められるというわけではありません。大切なのは、しっかりとしたカウンセリングを行い、徹底した検査と診断を実施することです。その上で 最良といえる治療法を選択することが重要です。

インプラントに伴うリスクについてrisk

インプラントは天然歯に代わって、チタンネジを埋入し人工歯を装着することで、天然歯に匹敵する優れた咀嚼力を得ることができます。また、適切なメンテナンスを行うことで、終生使用し続けることも可能です。

しかし、インプラントはチタンネジの土台となる骨の量、内科的疾患の有無など、適用条件があり、それらを満たすことが必要です。適用条件を満足しているか、インプラント治療の開始前にCT撮影、血液検査といった検査を事前に十分に行い、骨量の不足を補うための骨の増量治療を行うなども必要により行います。

それらの検査、適用条件の準備を行っても、稀にチタンネジが骨に固着しないといった現象により、インプラント治療が成功しない場合があります。また、インプラント手術にあたっては、血管、神経と埋入の位置関係を調べることで、それらに損傷を与えないように細心の注意を行いますが、偶発的な要因で神経麻痺が残る確率があります。

インプラント治療終了後、メンテナンスを定期的に行うことが、インプラント周囲炎によりインプラント歯を失うリスクを最小化するために、特に必要とされています。