診療時間
10:00 ~ 13:00 / /
14:00 ~ 19:00 / / /
  • ※ 日曜は14時まで、午後は休診になります。
  • ※ 休診日:月曜、祝祭日

電話でのご予約

03-6271-0648

〒104-0061 東京都中央区銀座三丁目3番13号 阪急阪神銀座ビル8F

キービジュアル

Menu

削るのではなく
接着する」ブリッジ治療

  • 「健康な歯」を削る事に
    抵抗がある方向け
  • インプラント治療が
    「怖い」方向け
  • 入れ歯の「見た目」が嫌な方向け

削るのではなく接着する「接着ブリッジ」とは?

ブリッジ1

一般的なブリッジ治療は、失われた歯の両隣の歯を削り、その歯を支えとして被せ物を装着する方法です。

この治療法の一番のデメリットは「健康な歯を削ること」。

それが嫌で、ブリッジ治療ではなく、インプラント治療を選択される方もいらっしゃいます。

当院でも一般的なブリッジ治療は行っております。
しかし、「できるだけ削りたくない」というご要望もありますので、削るのではなく「接着させて固定する」接着ブリッジも当院では行っています。

接着ブリッジは次のような特徴があります。

特徴1健康な歯をほとんど削らない

特徴2歯の神経を除去しない

特徴3短期間で治療が終了する(1~2回の来院)

特徴4金属アレルギーが生じない

特徴5外科処置が必要ない

特徴6目立ちにくいので、入れ歯の見た目が嫌な方にお勧め

しかし、接着ブリッジにも「デメリット」があります。
それは、一般的なブリッジよりも「外れやすい」という事。

以下、簡単に一般的なブリッジと接着ブリッジの比較をします。

メリット デメリット
一般的なブリッジブリッジ1 固定力が高い
  • 健康な歯を削る
  • 歯の神経を除去することもある
接着ブリッジイメージ1
  • ほとんど歯を削らない
  • 歯の神経を残せる
固定力が低い

どの歯科治療にもメリット・デメリットがあります。
最終的には「患者さんが一番追求したいことは何なのか」で決まります。

インプラントでもなく、入れ歯でもなくブリッジをされたい方。
そして、可能な限り歯を削らずに治療したい方には「接着ブリッジ」をお勧めします。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話での問い合わせ

03-6271-0648

医院住所

〒104-0061
東京都中央区銀座三丁目3番13号 阪急阪神銀座ビル8F

PAGETOP