銀座並木通り歯科短期集中治療|銀座並木通り歯科

tel.03-6271-0648

短期集中治療

静脈内鎮静麻酔で集中治療therapy

患者様の中には、治療箇所がいくつもあり、長い期間の通院が必要な場合があります。そのような場合、限られた期間で一度に何本もの歯を治療したいような場合の集中治療があります。
また、スケジュールがそれほど立て込んでいなくてもインプラントを複数本埋入する、親知らずを上下抜歯するために何度も歯科医院に足を運ぶのはかなりの負担です。通常の治療では短期間に一度に行うのが、難しい治療も、静脈内鎮静麻酔を行うことで集中治療を行う方法があります。

鎮静内鎮静は静脈から鎮静作用のある麻酔を注入することで鎮静作用を得るものです。完全麻酔と違って意識を失うことはなく、受け応えもできるのですが、半分寝ているような「ウトウトした」状態に入ります。このため普通はストレスを感じるような状態もストレスとは感じなくなります。

静脈内鎮静とはintravenous sedation

「鎮静」は痛みを除くのではなく、恐怖や苦痛に対する意識を低下させる作用です。鎮静麻酔を受けて治療を行うと意識はあるものの「ぼんやり」した状態になり治療に対する恐怖はほとんどなくなります。通常、歯科治療では言語的なコミュニケーションができなくなるような深い鎮静ではなく、会話をかわすことができる程度の浅い鎮静が行われます。

鎮静麻酔は治療そのものに強い抵抗を感じる歯科恐怖症の方や、口の中に器具や指を入れられることで嘔吐感を催す嘔吐反射を持つ方は、静脈内鎮静により歯科治療を安心して受けることが可能になります。また、長時間におよぶことがある親知らずの抜歯や、一回の治療時間が長くなる精密な根管治療を行う時にも有効です。

静脈内鎮静を有効に活用することで集中的な治療を行うことができれば、時間やスケジュールの制約がある場合でも対応できる可能性があります。もちろん、集中治療がいつも可能なわけではありません。歯科治療には一定のプロセスがあり、一度に何でもできるわけではありません。

静脈内鎮静は集中治療が可能な環境で、それを受け入れることを助ける有効な方法です。歯科治療のやり方は色々です。静脈内鎮静はその可能性を広げる助けになります。

集中治療は施術する歯科医師とは別の麻酔科の歯科医師が常に患者様のバイタル(血圧、脈拍など)をモニターし、万全の体制で行われます。

薬剤を徐々に静脈に注入するシリンジ

ただ、深い、浅いは必ずしも明確な境目があるわけではありません。いずれにせよ、静脈内鎮静では歯科麻酔医が術中にきちんと管理することが必要で、状況により深いレベルまで静脈内鎮静を行うこともあります。

静脈内鎮静を行う前は体を締め付けない服装でいることなどをのぞけば特に準備は必要ありません。静脈内鎮静に主として用いられるプロポフォールは強い薬ですが、歯科麻酔医は血圧、脈拍などいわゆるバイタルをモニタリングしてシリンジポンプという装置を用いて流量をコントロールしながら薬剤を静脈に注入します。

施術が終了した後、意識が明確になり歩行に問題がなくなるまで1時間程度の休息が必要となります。また、脈拍、血圧の異常がないかなど全身状態に問題がなければ帰宅することが可能です。ただし、車の運転などは避けなければなりません。

静脈内鎮静は麻酔歯科医が管理を行えば、安全性も高く治療の苦痛を大幅に減らすことができます。歯科恐怖症の方だけでなく、集中治療など長時間医およぶ治療を受ける場合は優れた解決法と言ってよいでしょう。

静脈内鎮静の安全性safety

静脈内鎮静で主に使用されるのは、プロポフォールという薬は、マイケルジャクソンが常習的に使用して事故死をしたことで有名になってしまいました。

プロポフォールは広く使われている鎮静作用を持つ薬剤ですが、一般の歯科医院で局所麻酔で使用されるものと比べ、劇薬として慎重に使用することが必要です。このため静脈内鎮静は専門の麻酔歯科医が脈拍や血圧などのいわゆるバイタルを常にモニタリングしている必要があります。

また、静脈内への注入はシリンジポンプと呼ばれる装置が設定された流量で徐々にゆっくりと持続的に行います。このため、一度に大量のプロポフォールが注入されることによる危険を回避しています。シリンジポンプはICUなど厳密な危機管理を行う施設でも使用されています。

プロポフォールは鎮静に広く使用されている

プロポフォールは通常の麻酔と同様にアナフィラキシーショックという危険な急性症状を起こすことがあります。アナフィラキシーショックが起きる確率は0.1%以下、つまり千人に一人以下の発生率ですが、そのような場合の対応にも歯科麻酔医が治療担当の歯科医とは別に患者様の状況を見ていることが望まれます。

また、妊婦、授乳中の女性への投与は使用してはいけないとされています。使用に当たっては妊娠している可能性へのチェックも必要です。しかし、十分な注意をはらい、麻酔歯科医が使用に責任を持つことで、安全性は非常に高く安心して使用できます。

静脈内鎮静は麻酔歯科医の存在、事前の十分な説明とヒアリングがあって可能になるものです。安全性を確保するには常にしっかりとした準備と体制が必要なのです。